栽培柑橘のご紹介|栽培や収穫時期にこだわった瀬戸内レモンやはるみ、早生みかんをご家庭にお取り寄せしませんか。

栽培柑橘のご紹介

瀬戸内レモン

11月上旬~5月上旬


国内で販売されているレモンのほとんどが、海外から輸入されたものですが、輸入に比べて国内産レモンは味も香りも高いです。

御畑農園のレモンは、収穫前はもちろん収穫後の防腐剤の散布は、行いません。
ワックスも使っていません。
皮も 安心してお召し上がりください。

【当園栽培面積】
5アール

早生みかん

11月中旬~12月中旬まで

当園のベストセラー商品。
樹齢50年を超えるみかんです。
シーズンの初期には爽やかな風味とわずかな酸味を楽しむことができますが、完熟するにつれて、甘みが増していきます。
種がなく、手で簡単に剥くことができ、中の袋ごと食べられます。

御畑農園の早生みかんは、収穫前はもちろん収穫後の防腐剤の散布は、行いません。
ワックスも使っていません。
皮も 安心してお召し上がりください。


【当園栽培面積】
25アール

南柑20号(中生温州)

12月中旬~12月下旬

早生みかんよりチョッと濃い目の味が評判のみかんです。
早生みかんの次に食べられるみかんで、早生みかんよりもやわらかな甘さが特徴です。
種がなく、手で簡単に剥くことができ、中の袋ごと食べられます。

御畑農園は、収穫前はもちろん収穫後の防腐剤の散布は、行いません。
ワックスも使っていません。
皮も 安心してお召し上がりください。

御畑農園では、希望くん(のぞみくん)の商品名で 

販売しています。 



【当園栽培面積】
20アール

大津4号(晩生温州)

1月上旬~2月上旬

年明けみかんの定番です。
基本的には、貯蔵して甘みを増してから出荷します。
ほどよい酸味とコクのある甘さを楽しめます。

御畑農園は、収穫前はもちろん収穫後の防腐剤の散布は、行いません。
ワックスも使っていません。
皮も 安心してお召し上がりください。

御畑農園では、太志くん(たいしくん)の商品名で 

販売しています。



【当園栽培面積】
10アール

はるみ

2月上旬~3月上旬

不知火(デコポン)の姉妹品種で、皮が剥き易く上品な甘さがお奨めです。
大粒の果肉が口の中でプチプチとはじけ、甘くて果汁たっぷりの美味しさをお楽しみいただけます。
取り扱い期間が短く、市場にはほとんど出回らない貴重なみかんです。

御畑農園は、収穫前はもちろん収穫後の防腐剤の散布は、行いません。
ワックスも使っていません。
皮も 安心してお召し上がりください。

御畑農園では、ひなポンの商品名で 

販売しています。



【当園栽培面積】
30アール

紅八朔

3月上旬~4月上旬

チョッとした紅八朔特有の苦味が評判です。
八朔よりも外観に少し紅色がかかっているみかんで、八朔に比べると糖度は少し高いとされています。
種ありでほのかな苦みがあり、手では剥きにくく、中の袋も食べにくいのでちょっと大人向けのみかんです。

御畑農園は、収穫前はもちろん収穫後の防腐剤の散布は、行いません。
ワックスも使っていません。
皮も 安心してお召し上がりください。


【当園栽培面積】
7アール

はるか

3月下旬~4月中旬

見た目はレモンのようですが、酸味は少なく爽やかな甘さが口一杯に広がります。
プルっとした食感も人気のみかんです。

御畑農園は、収穫前はもちろん収穫後の防腐剤の散布は、行いません。
ワックスも使っていません。
皮も 安心してお召し上がりください。

御畑農園では、はるくんの商品名で 

販売しています。



【当園栽培面積】
5アール
MIHATAみかんは、5キロ箱と10キロ箱で販売しています。
各種詰め合わせを用意しています。

MIHATAみかんでは、息子・孫の名前を商品名に付けています。
  • お問い合わせはこちら
  • 商品のご購入はこちら

MIHATAみかん

ページの先頭へ