瀬戸内レモンについて|栽培や収穫時期にこだわった瀬戸内レモンやはるみ、早生みかんをご家庭にお取り寄せしませんか。

瀬戸内レモンについて

広島県はレモン生産量日本一

広島県の名産物といえば何を思い浮かべますか?
広島風お好み焼きや広島ラーメン、広島風つけ麺、もみじ饅頭など、様々な商品を思い浮かべると思います。
あまり知られていませんが、実は広島県はレモンの生産量が日本一で、立派な名産物と言えます。
国内生産量の60%を広島県が占めており、最近では、瀬戸内レモンとして徐々に認知され始めています。
国内生産ランキングでは、広島県に次いで愛媛県が2位の20%程度、3位は和歌山県で5%程度となっております。

瀬戸内でレモンが栽培できるの?

国内で流通しているレモンの国内生産は約9%

瀬戸内レモンが認知され始めたと言っても、瀬戸内で生産できるの?と思われる方もいらっしゃることでしょう。
それも無理はありません。
現在、国内で流通しているレモンの内、国内生産のレモンは約9%程度です。
60%程度をアメリカ、30%程度をチリから輸入しています。

瀬戸内で栽培された安全なレモン

減農薬で安心・安全なレモンを栽培・販売

海外から輸入されるレモンは、日本に輸入されるまでの間に長い船旅を乗り越える必要があります。
船旅の中でレモンが傷まないように、輸入レモンの80%以上に保存を目的とした「防腐剤」や「防カビ剤」、ツヤを出すために「ワックス」などが使用されます。
これらの農薬は、発ガン性や催奇形性、精子量の低下などが指摘されています。

御畑農園の瀬戸内レモンは、収穫前・収穫後に防腐剤を一切使用しません。
栽培中も減農薬栽培に心がけておりますので、安心・安全なレモンがお届けできます。

なぜ瀬戸内でレモン栽培が盛んなのか

晴れの日が多く温暖で乾燥しやすい最適な環境

レモンは、温暖で降水量の少ない気候を好む果実です。
広島県をはじめとした瀬戸内の県では、晴れの日が多い温かな気候で雨や雪が少なく、乾燥しやすい気候なためレモンにとって快適な地域なのです。
世界的なレモンの産地であるカリフォルニアに近い環境であり、レモン栽培に適した環境であると言えます。

瀬戸内レモンはホントにおいしい

瀬戸内レモンは果肉もたっぷりで皮が薄くて優しい酸味

瀬戸内で育ったレモンは、木の上で完熟させるようギリギリまで努力して育てているため、糖度も高まり皮が薄く優しい酸味に育ちます。
果肉・果汁ともにたっぷりなので絞りやすくなっています。

また、当園では露地栽培のため、旬の時期に限定し販売を行っております。
旬の時期に食べるレモンは本当に美味しい!
400円/kgで、5kg箱と10kg箱をご用意しております。
レモン以外にはるみやはるか等のみかん系柑橘類も栽培しておりますので、収穫時期によってはレモンとセットで販売することも可能です。

商品のご予約も承っております!

商品のご予約も承っておりますので、ぜひ一度、召し上がってみてください。
販売時期の1ヶ月前からお受けしております。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせはこちら
  • 商品のご購入はこちら

MIHATAみかん

ページの先頭へ